店の雰囲気

店の雰囲気

お店の雰囲気をチェックする場合は、唐突にチェックする事です。あらかじめにスタッフや従業員に相談しないようにしましょう。なぜこのミステリーショッパーが必要なのかは経営者の皆さまならとても心が苦しいくらいお分かりかと存じます。

お店の雰囲気まずはどこチェックするべき?

1、男性従業員の仕事の姿勢

仕事の姿勢は本人の性格を丸裸にしています、仕事のしぐさや身だしなみでも判断できます。

性格を憶測では行けませんので人の性格が分かる仕事適正判断を導入してみてはいかがでしょうか、

面接での判断力が採用後、お店にどのような影響がでるのか在籍の従業員やスタッフのアビリティをチェックすることが大切です。

幹部の面接力はいかがでしょうか、面接を直接聞いたことはありませんか?

早速、面接を録音してもらうか、何を話すのか、チェックしてみましょう!お店のセールスポイントをどこまでも掘り下げてくれるスタッフは誰でしょうか。

仕事の終わった後の、人材の雰囲気はいかがでしょうか。

プライベートの時間をどこまでチェックできる経営者がいますか? やはりいませんよね。気持ち悪いところもあります。

経営者には時間を省くので、外部の部下に任せて売り上げは大体で良いよっという経営者さんはとても多いです、

2、女性の雰囲気 仕事の姿勢やり方

女性は売り上げを稼いでくれます、そんな女性の選び方を掘り下げていくと、仕事の取り組み方に行き着く。仕事のマネジメントを個々で管理するのではなく、〇〇を使って管理するこの〇〇が必要です。仕事の姿勢は、なんとなく感覚で仕事をしていると数字が見えないので、とても怖いです。また管理を外部に任せていると、これらは仕事の能力の低下に結びつきます。

3、店内 内装、管理、

清掃管理は、どなたが担当で作業されていますか? 基本的に、人は掃除嫌いだと思います、お金で雇っているスタッフが徹底的に掃除をしてくれる場合、そのスタッフはかなり優秀です。大切にしましょう! 内装は、備品などの事や、店内にあるもの、店舗の物に該当します、これらを大切にするスタッフと、自分の持ち物を大切にしないスタッフ等のチェックも忘れずに。 管理について。アルバイトならば、どこまで徹底的に完コピできるかではないでしょうか、例えば、面接や、サービス、接客、トークなどもある程度、マニュアルがあれば、マスターします。幹部にかんしても、マニュアルを作成しておきましょう!

4、給料面、金額査定、ボーナス

給料面です、お店の利益がどこまで出せるか重要なポイントです。基本、キャストさんのお給料がメインです、時給を決める決定権が面接官にあるならば、そのスタッフを教育する必要があります、ボーナスも同じです。 スタッフのやる気やモチベーションが変わるでしょう、飴と鞭でしょうが、あまり絞りすぎるのも良い判断とは言えません。外部の情報を取り入れたり、お店を外部からチェックして判断しましょう!もちろんお金を出せば良いわけではありませんので、むやみにお給料のアップも避けましょう

目次に戻る