犬の病気

犬の妊娠、排卵時期 ブルセラ病

犬の排卵は発情出血開始から平均11日に起こります

交配の定期は

排卵後三日から四日ですので発情出血か14日から15日になります

排卵は 血中の黄体ホルモンを測定して決定する場合は発情出血開始からの

日数、発情出血の色や性状、陰部の腫大状況 、オス犬に対する交尾の許容状態

膣の上皮細胞の変化から判断し。

排卵は左右の 卵巣からほぼ同時に起こります。

猫は交尾排卵動物で、排卵には、発情期に複数回の 交尾刺激が必要となり

交尾後27時間に排卵します

繁殖準備

繁殖を考えてる 個体については健康診断に加えて

遺伝的な疾患の危険性がないことを検査することが重要です。

猫については、ネコ白血病ウイルス感染症

猫免疫不全ウイルス感染症などについて検査をします

犬については

犬ブルセラ病の抗体を調べ

陰性であることを確認します

もし陽性と判断された場合は

繁殖には使用することができません

ブルセラ症とは

ブルセラメディシスという細胞内寄生性の細菌が原因

六つの生物形がありそれぞれ自然宿主となる動物が異なります

特にペットの関係では犬を宿主とするブルセラカニスが重要です

世界各地で発生を見ます我が国では飼い犬あるいはやけん3%から4%ブルセラカニスに感染していると言われています

2003年に100頭以上の犬を飼育している静岡県内の繁殖施設でブルセラカニスによる感染が発生しました

検査した犬114頭のうち51頭に ブルセラ菌に対する抗体が27頭の血液からブルセラカニスの遺伝子が検出され流産胎児の臓器からはブルセラカニスが分離されました

幸い従業員等の感染はありませんでした

人の症状について

潜伏期は1週間から3週間程度でブルセラ症に特有の症状はありません軽症のものでは単に風邪に似た症状を示します

発熱は一定の発熱期と微熱あるいは平熱期を交互に繰り返すいわゆるは波情熱をします

便秘、 頭痛、悪寒、関節痛筋肉痛、心内膜炎、肺炎、髄膜炎、リンパ節、肝臓の腫脹

男性では精巣炎なども見られます。

ブルセラカニスに感染した犬の多くは無症状ですが長期にわたり菌血症が続き尿中に菌を排出します発症した犬では、発熱、痩せる、関節炎の他、妊娠末期に死、流産を起こしたり

雄犬では精巣上体炎、 精巣の異常が見られます 。

サルモネラ症

サルモネラには約2005種類の血清型が知られています人や動物に病原性を示すのはサルモネラエンテリカで

人における症状

12時間から24時間で吐き気嘔吐下痢発熱などの急性胃腸炎の症状を起こします

サルモネラに感染した場合健康な成人では胃腸炎程度の症状ですが小児、高齢者

では重篤になり死亡することもあります。以上です 

サルモネラ対策

サルモネラにはクロラムフェニコール、アンピシリン、ニューキノロン系の抗生物質が有効です、

サルモネラ症には経口感染症なので、予防のため犬などのペットに触れた後はて指をよく洗浄し食品の汚染調理にも注意します

また食肉卵はもともとサルモネラに汚染されていることがあるので十分な加熱をすることが重要です。

トキソプラズマ症

病原体はトキソプラズマ原虫 

本原虫は宿主域が広く人を含む多くの動物に感染します発育段階によってオーシスト

タキゾイト、シスト、などの形態をとります

ネコ科の動物が終宿主でその腸管内で有性生殖を営みオーシストを形成して

糞便と共に入れ替えで成熟感染力を持つようになります

人における症状

脳水腫、脳内石灰化、精神運動障害、脈絡網膜炎などの症状を示します

妊娠末期に母親が感染した場合胎児が出生後に発熱肝臓膵臓およびリンパ節の腫脹黄疸貧血など急性症状起こし多くは死亡します。

動物の症状

猫や犬もほとんどが不顕性感染です。猫では稀に全身感染腸炎脳炎などが見られます。

治療にはサルファ剤、ピリメタミン、スピラマイシンなどが有効です

生あるいは生焼けに近い豚肉を食べないようにしたり

猫のなまにくの与えるものを避けたり猫の糞便を適切に処理することも本性の予防上重要です。 

【Instagram】 https://www.instagram.com/pimepuppy/

 【Instagram  セカンド】  https://www.instagram.com/pimechannel/