未分類

犬の記憶は10秒?

犬と猫の学習の仕方について解説していきたいと思います。

犬は、行動を環境や状況と関連づけて学習します、動物は記憶が10秒くらいで切り変わってしまうと覚えてください。

よく出来たね、とか、怒るときは、早めに伝えること

犬は、環境や状況が自分にとって都合のいい条件が揃うと

記憶しやすくなるということです、

例えば、

褒めるなら、即っこー褒める!          

関連づけさせるというのが、ベストです。

叱るときのパターンでハッとしてしまう事は、こちら

いたずらを終えて飼い主に近づいてきたときに叱られた犬は、

飼い主に近づいたことを叱られたと認識してしまいます、 

叱り方にも注意なのです。

様々な経験をしてこんな時はこうすればいいと身につけていくのです

覚えておきましょう!

褒めて伸ばす! 早く褒める! 

以上です。

いくつか学習の例にしておきます、

うなる(唸る)と人が逃げることを学習した犬は

うなることを学習してしまいます、

食事中、おねだりしてくる犬がいますが、学習しているためです

食事中に与えることをやめると、犬は次第におねだりしなくなります

根負けすると、ずっと続いてしまいます、

ダメなものは、ダメ、

褒めるときは、褒める

という一連の操作が犬にとってもわかりやすいのではないでしょうか、

ご購読ありがとうございます、

良かったらコメントや、他のSNSに遊びにきてください!

ユーチューブでは、動画でうちのワンコが登場しております、

私は、東京に住んでいて家庭動物管理者になるために

もう勉強しております、私も動画に出ております、

2月7日がテストなんで、テキスト読んで奮闘中です!

引き続きよろしくお願い致します。

ブログ記事、在宅ワーク 主婦の方、ブログ書いて見ませんか? 

ブロガー記事ご協力してくれるお方は、こちらLINE@から友達追加してください

ワンコ友だちLINE@   https://line.me/R/ti/p/%401129.com

Powered by

RSSリスティング