飼い主へメッセージ

犬猫のストレス耐性を見わける方法

ストレスを感じたときの犬や猫の行動は、

過剰なグルーミングを行う

隠れる(ネコ)

下痢をする

集中できない

嘔吐する

鳴く(吠える)

耳が後ろに下がる

身体を震わす

筋肉がこわばる

よだれを流す

一度に大量の毛が抜ける

暑くもないのにハァハァとあえぐ

排出の回数が増える

足の裏に汗をかく

食欲がなくなる

以上のような反応があります。

このような状況、ストレスがかかる環境としては、

騒音、寒冷 暖

酸素、薬物

恐怖、不安

炎症、感染

適度なストレスがあるからこそ、丈夫な子に育つ

というのもストレス耐性を身に付けさせる事が大切なのです。

過剰なストレスによってバランスが失われてしまうと上記のストレス反応を生じ

同じストレスでも動物個々により受ける影響は異なります。またこの表現も違うので

ストレスを感じているという解釈も一概に言えないのです

耳が垂れて、可愛いのも、怖がっている状況と、受け入れるリアクションのような、

二つの意味を持っていたり、

下痢したりするのは、ただ、お腹を壊しているだけで、ストレスからくるものでも

なかったり外的要因だけでは判断がつかないものです、

よく調べると、動物は一般的に、いつもと違う事、に対してストレスを感じると考えられています。

聞いた事がない音

慣れない場所(旅行先)

いつもと違う匂い

などでもストレスを感じてしまいます。

極度の緊張によるリアクション

固まる

逃走する

攻撃する

犬の猫のストレス耐性を身につける方法

ストレスの感じ方は程度によりますが、子犬や子猫の時期から

様々なものに慣れ社会性を身につける事で軽減する事ができる

犬同士の付き合いを知っている犬は、知らない犬が来ても、必要以上に

ストレスがかかることはありません

ポイント

ワクチン(狂犬病)打ったら即、犬社会に慣れさせる

車、騒音、季節、音、人、犬、動物、子供

なども子犬、子猫のころに慣れさせてくださいね!

ご購読ありがとうございます

Powered by

RSSリスティング